水で体質改善を目指す|免疫力を上げて健康を維持する|メシマコブを生活に取り入れる

免疫力を上げて健康を維持する|メシマコブを生活に取り入れる

水で体質改善を目指す

水を持つ人

なぜ濃度が重要なのか

大ブームになっている水素水を体質改善に役立てるなら、必ず高濃度水素水を選んで下さい。実は同じ水素水でも濃度によって美容、健康効果にはかなりの差が出ます。そもそも、普通のタイプだと蓋を開けた時に肝心な水素がほとんどなくなってしまっていることも珍しくありません。水素の量が1.0ppm以上あれば高濃度水素水と認定されますが、水素量がたっぷり入っているので容器の蓋を開けても十分量の水素を保つことができます。メーカーの方でも、容器を工夫してできるだけ水素を逃がさないように頑張っています。けれど製造工程でたっぷり水素を補充しても、隙間から漏れたり空気の層で酸素と結合してしまうことは避けられません。口に入るまでにたっぷり水素をキープするためには、最初から高濃度水素水を選ばなければいけません。

どのタイミングで飲むか

高濃度水素水を最高のタイミングで飲むには、朝が一番です。寝て起きてすぐの時、細胞も起き出しているので、活性酵素が生成されやすくなっています。このタイミングを狙って高濃度水素水を飲むと、活性酵素によるダメージを減らすことができます。寝起き以外にも、運動のあとや紫外線を浴びたあと、タバコを吸ったあとが活性酵素が増えやすいタイミングです。体内の活性酵素をゼロにすることはできません。けれど生成されやすい時を狙って高濃度水素水を飲むことで、ダメージをできるだけ回避しやすくなります。水素水はたくさん飲んでも害はありませんが、1日中飲んでいるとお腹がたぷたぷになってしまいます。活性酵素対策を意識しながら、寝起きや運動前に飲む習慣をつけましょう。